医療事務・医療IT専門学校[医療事務・小児クラーク・調剤薬局事務・医療情報技師・診療情報管理士]
県下初の横浜医療事務専門学校
 首都圏初の医療情報技師養成4年制専門学校

医療情報技師コース 4年制

病院をはじめとする医療機関への就職をめざします。
医療情報部門で長く活躍できるよう、
医療情報システムの運用・管理スキルはもちろん、医療の質を向上させ、
病院経営を支えるマネジメントの知識も身につけます。

主なカリキュラム

電子カルテ操作実習

本物にふれながら、電子カルテの仕組みやメンテナンスの方法を学びます。

病院情報システム運用管理

電子カルテに生じるトラブルをスムーズに復旧できるよう、実習スタイルで予防・対応方法を学びます。

診療情報管理論

カルテや手術記録などの診療記録を記載・管理する方法や、診療データの分析手法を学びます。

病院マネジメント

「病院経営改善のために必要な医療情報システムとは」をグループワーク形式で考えます。

イラストで見る医療情報技師の仕事

CASE1現場の問題を発見

病院スタッフにヒアリングを行い、病院内で使用されている医療情報システムの改善点を洗い出します。これをベンダーに伝え、改善策を計画します。

CASE2問題点を改善・解決

改善策をもとに、ベンダーと協力しながら新しいシステムの開発や、既に使っているシステムの改善などを行います。

CASE3システムの運用・管理

システムを毎日安定して使うことができるよう、日々の管理を行います。
病院スタッフに使い方を指導することも。

CASE4セキュリティの強化

定期的なメンテナンスや、セキュリティが万全かどうかのチェック、トラブル対応も医療情報技師の仕事。状況によりベンダーと連携しつつ作業を行います。

在校生の声

医療IT科
H.Sさん
県立三浦臨海
高等学校出身

結婚後も安定して働ける。
クラスメイトの存在が
心強い。

もともとはリハビリに興味があったのですが、体力仕事ではなく結婚後も安定した仕事をしたいと思い、医療IT科に。「医療情報技師」はもちろん、事務系の専門職種「診療情報管理士」の資格を取れるのも魅力でした。高校までとはまったく違う勉強ですが、みんな同じところからのスタートなので心強いです。

医療IT科
R.Tさん
横須賀市立横須賀総合
高等学校出身

臨床検査技師からの転換。
目標は安定の病院就職!

高校卒業後は臨床検査技師の短大に進学。卒業後の採用人数が少なく、就職が難しいという話を聞き、将来に不安を感じていたところに同じ医療系専門職種の「医療情報技師」を知りました。医療の勉強をしていて、これからはITが重要なのは理解していたので、目標の病院就職が叶うと思い、入学を決めました!

活躍中の卒業生

病院勤務の場合

タケダシステムズ
株式会社
某大学病院配属
S.Aさん
湘南学院高等学校出身

どんな仕事?

大学病院で、電子カルテの運用を行っています。医師に電子カルテの操作方法をレクチャーするヘルプデスク業務や、故障した機器の交換なども任されています。病院内のIT関連のことにはすべて対応するぐらい、幅の広い仕事ですね。

この仕事ならではのやりがいは?

私たちの仕事の先にはいつも患者さんがいて、どこかで必ずつながっているという点ですね。たとえば、医師から電子カルテの質問が入った時に答えられないと…結果、患者さんを困らせてしまう。この点は忘れずに意識しています。

卒業生の声はこちら