医療事務・医療IT専門学校[医療事務・小児クラーク・調剤薬局事務・医療情報技師・診療情報管理士]
県下初の横浜医療事務専門学校
 首都圏初の医療情報技師養成4年制専門学校

県立新栄高等学校出身 医療事務科 A.Hさん

やりたいことが決めきれなかった

実は私、もともとは「絶対医療事務を学びたい!」という気持ちで進路選びをしていたわけではなかったです。最初は看護学校を考えていたんですが、ずっと働くことを考えるとう不安で…。やりたいことが決められず悩んでいたとき、同じ医療系ということもあり、医療事務を考え始めました。

医療事務の専門学校の中でもいくつか迷いましたが、この学校へ見学に来たとき、実習室や職員室がガラス張りになっていることにビックリ!開放的な雰囲気が気に入って、決めました。楽しそうなイベントが多いことも大きかったですね。

メリハリのある学校。雰囲気が私に会っていると思います

入学前は、「自分と合わない学生ばっかりだったらどうしよう…」って誰でも心配しますよね。私も不安でした。でも実際には、私のクラスは"授業中は静かに集中、休み時間や放課後はリラックス"という雰囲気なので、とても過ごしやすいです。

好きな授業は、秘書!先生が好きっていうのが一番の理由ですね。医療事務に限らず、どんな職種に就いたとしても必要な"生きていくうえでの常識"を教われる最後のチャンスなので、どんどん知識を吸収していきたいと思っています。

「医療秘書技能検定」成績優秀賞!結果が出てうれしい!

あたりまえですが、入学当初は医療事務のことはまったく知らず、「カルテって?レセプトって何?」という感じでした。でも授業を集中して聞いて、過去問を解いて…気づいたら、わかるようになっている。資格に合格して、成績優秀賞まで取っている。自分に自信が持てるようになりました。

私の場合、最初は医療事務に強いこだわりを持っていたわけではなかったけど、"やれば結果が出る→嬉しい→これからも頑張る"っていういいサイクルができていて、今、楽しいです♪この学校に入って、「次の資格も一発合格してやる!」という目標もできました。

私と同じように、やりたいことが決め切れず進路が定まっていないという方も多いと思いますが、こういった環境が見つかるよう応援しています。