医療事務・医療IT専門学校[医療事務・小児クラーク・調剤薬局事務・医療情報技師・診療情報管理士]
県下初の横浜医療事務専門学校
 首都圏初の医療情報技師養成4年制専門学校

医療IT科 県立磯子高等学校出身 M.Kさん

大学からの転換。卒業をすると、大卒の人と同じ扱いになるのが決め手!


入学してすぐの山中湖研修。気の合う友だちがたくさんできました

はじめはなんとなく自由そうだなと思って大学を考えていましたが、医療情報に通っている先輩から楽しい学校だよと聞きオープンキャンパスに参加。

楽しそうな学校だというのはもちろん、少人数制で勉強がしやすそうだったのと、卒業すると大卒の人と同じ扱いになることが決め手になって医療IT科を選びました。

あとは駅から近いのも理由の一つです(笑)

資格対策は授業中に。放課後に残って勉強することはありません


最初の授業はパソコンのセットアップ

絶対に医療ITをやりたいというよりも勉強したら就職に強いかな?程度の気持ちだったので授業についていけるか不安でしたが、授業が1からスタートしたのと授業中に資格対策をやってくれたから、独学で勉強しなくて大丈夫だったのが安心でした!

今は10月にある国家資格の基本情報技術者試験に合格することを目標にがんばっています。

授業は15:30まで。キャンパスライフも満喫できます


放課後にはフットサルサークルに参加することも

専門学校は忙しいと思っていたけど、土日は休みだし、授業は15:30に終わるし勉強勉強といった毎日ではないので、安心しています。

放課後は友達と遊んだり、アルバイトをしたり、毎日自分の時間があるので大満足です!