医療事務・医療IT専門学校[医療事務・小児クラーク・調剤薬局事務・医療情報技師・診療情報管理士]
県下初の横浜医療事務専門学校
 首都圏初の医療情報技師養成4年制専門学校

医療事務科 県立保土ヶ谷高等学校出身 W.Tさん・K.Kさん

2人だったから参加しやすかったし、進路も一緒で嬉しかった


かわいい校舎にビックリしました!

[ W.Tさん ]
母と祖母が医療系の仕事をしているので、なんとなく医療に興味がありました。高3の夏にオープンキャンパスに参加して、先生方がとても優しくて雰囲気もよく、この学校がいい!!と思ったんです。

[ K.Kさん ]
医療事務ってすごくガチガチなイメージだったんです。だから、かわいい校舎で先生方が気さくに話しかけてくれたときはびっくりしました。2人でキャンパスツアーやミニ実習もできて、とても楽しかったよね。一緒に指定校推薦を受けたので、進路が決まったのも早めの10月。その後の高校生活では2人で放課後たくさん遊びに行きました!

医療事務科の授業は楽しく、実践的です!


調剤薬局実習室で♪

[ W.Tさん ]
一番好きな授業は電子カルテです。パソコンは苦手だったけれど、入学後にもらったノートパソコンのおかげで、少しずつスキルが身についてきました!

[ K.Kさん ]
私の一番好きな授業は医学かな。体の知識や今まで知らなかった病気について知ることができるので、とても勉強になります。それと、前から薬局で働きたいなと思っていたので、薬局を再現した実習室があることも嬉しいですね。

アルバイトもサークルも両立できて、毎日が充実


友だちみんなと一緒に

[ W.Tさん ]
入学前に一番不安だったのは、専門学校って毎日忙しいんじゃないかっていうこと。でもそんなことなくて、資格対策は授業の中で先生が教えてくれるし、分からないことは個別に教えてくれます。放課後はアルバイトやスポーツサークルをしていますね。今はスポーツ大会の練習中です♪

[ K.Kさん ]
授業は9時から15時半まで。その後はアルバイトに行ったり、ボランティアサークルで併設学童クラブのこどもたちと遊んだりしています。自分で一番成長したなと思うのは、遅刻をしなくなったこと。毎日学校に行きたいと思うし、勉強と遊びのメリハリが自然に身につき、毎日が充実しています。